FC2ブログ

秋限定栗きんとん事件 米澤穂信

秋限定栗きんとん事件(上)(下)
米澤穂信

秋限定栗きんとん事件 米澤穂信
高校2年の夏休みに小佐内ゆきとの互恵関係を解消した小市民を目指す小鳩常悟朗は、放課後の教室に呼び出され、クラスメイトからの告白で新たな交際を始める。
時を同じくして小佐内ゆきも、新聞部の1年生である瓜野からの告白で交際を始める。

そんな彼らの住んでいる木良市では、連続放火事件が発生していた。
前々から学校外の事件を取り上げたかった瓜野は、たまたまコラムスペースを確保し放火事件の調査に熱を帯びる。
小鳩は、小佐内の影が見え隠れする連続放火事件のなぞ解きを始めてしまう。





本を読んでいると、意味がわからないまま、勝手な解釈で読み飛ばしてしまう言葉が多くあるる。
気になったので、本シリーズで使われている2つの言葉、「互恵関係」「小市民」について確認してみることにした。

互恵関係:互いに特別の便宜や利益を与え合うこと。
小市民:《(フランス)petit bourgeois》資本家階級と無産階級との中間に位置する人々。小規模の生産手段を所有し自らも労働する、自営の商工業者や自営農民のこと。中産階級・中間階級ともよばれる。プチブル。
出典:goo辞典

「互恵関係」は考えていた通りで、問題なし。
対して、「小市民」は的外れだった。「小市民」=「何処にでもいる市民」としてとらえていたが、実際のところは無産階級のことではなく中産階級のことであり、自主的に活動するの人たちのことらしい。それなら、事件を解決しようと自ら動く小鳩と小佐内は、既に小市民たる資格を得ていると言っていいように思われる。
じゃあ、なぜ、小鳩も小佐内もすでにその立場であるにもかかわらず、その立場になることを望んでいるのだろうか…
関連記事

コメント

非公開コメント