FC2ブログ

『これは経費で落ちません!5』 青木祐子

題名 これは経費で落ちません!5 ~落としてください若森さん~
著者 青森祐子
発行 集英社

天天コーポレーション 本社 経理部 若森沙名子 28歳。
彼氏いない歴=年齢。
過不足のない完璧な生活を目指している。
座右の銘は「うさぎと追うな」。
こんな女性である若森を中心に色とりどりの個性を持つ面々が繰り広げる日常的なストーリーの第5巻。
いきなり5巻からになってしまいますが、ブログを始めたばかりのこのタイミングで店頭に並んでいたのが5巻だったので、あしからず。

この5巻は、1~4巻までに登場した脇のキャラクターたち5人の独立した短編となっているので、1~4を読んでいない方でも大丈夫です。
安心して手に取ってください。
ただし、5巻を読んでしまうと1~4巻が気になってしまい、すぐに書店に向かってしまうことでしょう。
ワンクリックかもしれませんね。

それでは、簡単に。

第1話
愛社精神にあふれるが、ケアレスミスも多い 佐々木真夕 25歳(このときはまだ、24歳)の話。
営業部広報課から経理部に移動になって1か月半、向いていないと思った広報課からの移動できて「ほっ」と、したのもつかの間、さらなるプレッシャーに失敗を繰り返す。

第2話
営業部販売課のエース 山崎柊一の話。
著者はわりと好きなキャラクターと言っています。

第3話
総務部のベテラン 平松由香利 40歳の話。
彼女のいろいろな悩みが山盛りです。

第4話
営業部企画課 真夕の同期 中島希梨香の話。
あたしって男っぽいから~が口癖で、ゴシップ好きのウザい女。(酷い書きようですが、作者の受け売りです)
でも、そんな彼女が頑張った企画が順調に進みだした矢先、プロジェクトを一緒に進めてきた良き仲間と思っていた男性社員のだまし討ちに合ってしまう。

第5話
総務部 38歳、堅実な経理マン 田倉勇太郎の話。
これって結局不倫の話ですよね。
嫌いではないではないです。
でも、広報課の皆瀬織子も優柔不断さにやきもきします。突っ走れ!

若森さんはエピローグで出てきますが、まぁ、いつもの若森さんです。

こんなコメントでは、本当に面白いの?と、疑問を持たれると思います。
コメントを残す側の能力が足りていないだけです。
若森さんの活躍はとても面白いので、是非とも手に取ってみてください。

コメント

非公開コメント