FC2ブログ

今日の雲

今日は久しぶりに晴れるとの予報だった。でも、昼を過ぎても空は雲に覆われていた。夕方になってエアコンの効いた部屋から外に出たら青空だった。...

雨の日の児童公園

雨の日の児童公園。朝なので子供たちは幼稚園や小学校に行っている。だから、もちろん誰も遊んでいない。赤い車は足を乗せるところの色が剥げてしまうぐらい人気あり。もう一つはコアラですか・・・...

今日の雲

輪郭がかっちりとした写真が好きです。でも、雲の写真はボヤっとしてしまいます。雲なのだから仕方がないでしょう。雲に輪郭があったらそれはそれで大変なことです。...

今日の雲

今日は、ほんのちょっとの間だけ青空が見えました。上空に見える雲はほとんど動いていませんが、下に見てる雲は東から西へと流れていました。飛行機の音がするので期待もしたのですが、機影は見れませんでした。...

神社の児童公園

神社の階段の途中に児童公園がありました。小高い丘にある神社であるため、十分な面積がとれていません。そのため、表示は広場になっていました。あるのは、傾斜を滑り台と消防車の乗り物だけです。...

雨をよけきれずに

もうすぐ蛹になるであろう幼虫ですが、雨宿りに失敗したのでしょう。両方の角に水滴を付けています。体は水をはじいているようで、体は乾いているように見えます。その反面、先週見つけた蛹は、梅雨の雨に毎日のように当たるため全体が水浸しです。腐ってしまわなければよいのですが。こちらはうまいこと雨宿りができたようです。...

今日の飛行機

午前中は、上空の飛行機を庭仕事をしながら眺めていました。昼過ぎからは雲が低くなってきました。ギリギリのところで、ルフトハンザを捕まえることができました。まだ、B747を持っていたのですね。夕方になると、羽田発の飛行機は完全に雲の上を通過です。風向きの都合で羽田着が北からであったので、着陸のため高度を下げている飛行機が見えるところに行きました。多分シンガポール航空だと思うのですが。この全日空は少し柄が有...

『水鏡推理Ⅲ パレイドリア・フェイス』 松岡圭祐

雲の形が動物に見えたり、壁のシミが人の顔に見える。このような心理現象のことを、医学用語ではパレイドリアと呼ぶ。その中でも特に、3つの点や線が集まると人の顔のように見えてしまうことをシュミラクラ現象と呼ぶ。水鏡推理3 パレイドリア・フェイスposted with ヨメレバ松岡 圭祐 講談社 2016年06月15日 AmazonKindle 栃木県北部の財政難の村で、大地震直後に起きた地面が隆起...

雨の日の児童公園

いつもより少し早く行動します。いつもと違う道を歩きます。いつもと違う風景に出会えます。まっすぐな道だと思ったところに人が消えていきます。どこかに通じる通路があります。かなり細長い児童公園です。奥にはゾウと思われる形をした滑り台が見えます。目が怖いです。小さな子であれば泣き出します。...

今日の雲

今朝の天気予報では、雨は21時ごろからとなっていました。早いうちに帰宅する予定だったので、簡単な折り畳み傘をもって出かけました。天気予報はあくまでも予報。16時ごろから降り始めてしまいました。雨を降らせるような雲には見えませんが、今まさに雨が降っているときです。...