FC2ブログ

愛の力は61W


RAVPowerの充電器 RP-PC112(61W) を購入した。
PCの充電ができることを期待して購入したAnker PowerPort Atom IIIが、仕様の読み間違いにより使えなかったことによる買い増し。

RAVPOWER RP-PC112 49×49×32mm → 76.8cm3
ANKER PowerPort Atom III (Two Ports) 68×69×28mm → 131.4cm3
大きさはAtom IIIより厚くはなるが、体積で見ると60%以下。
PCの充電専用に割り切ったため、1ポートを選択したことが大きく影響している。

PCの充電には問題なく、小さくなったことで要は十分に足りた。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器

気になった点は、プラグの位置。
ANKERよりも本体の内側からプラグが飛び出してくる。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器

PCを充電しつつ、カメラの充電をしたいときがある。
そのような時、アダプターが過干渉してしまうのはマイナスポイント。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器

アマゾンは、見るたびに安くなっているので、いつが買い時かわからない。
欲しいと思っているうちは悩み時で、必要になった時が買い時です。



急速充電器での失敗


急速充電器 ANKER PowerPort Atom Ⅲ(Tow Ports)のはなし。

今使っているノートPCは、mouseのDAIV 4N。
このDAIV 4Nは、USB Power Deliveryに対応している。
でも、スペック表には、「60W以上の充電器が必要だよ!」と、なっている。

でも、もしかしたら?
気楽な感じで探し出したのが、ANKER PowerPort Atom Ⅲ(Tow Ports)。
① コンパクト。
② USB-AとUSB-Cの両方が使える。
③ 出力が15W+45Wとハイパワー。
④ コンセントに直接ささる。
⑤ プラグがしまえる。
良いところばかり。

でも、DAIV 4Nに充電することはできなかった。
60W必要なPCには、45Wでは駄目。
USB-Cで接続していると、数分間充電をしてくれるがすぐに止まる。
USB-Aならいけるだろうと、PowerLineを購入したがこちらはまったく作動せず。

これは、仕様書の読み間違えによる失敗。
USB-Aが45Wだと思っていたのだが、実はUSB-Cが45Wだった。
USB-Cが少しだけでも充電してくれた時点で気が付くべきだった。

見た目も、性能も良い。
でも、45Wを必要とする機器が無いというのが事実。
非常に残念。

2口コンセントに差しても、上のコンセントは使える。
青い光が格好いい。
PowerPort Atom Ⅲ(Two Ports)

サイズは、2口コンセントが丁度隠れるぐらい。
PowerPort Atom Ⅲ(Two Ports)


PowerPort Atom Ⅲ(Two Ports)

プラグがしまえて、邪魔なものはない。
PowerPort Atom Ⅲ(Two Ports)




廃インク吸収パッドの交換のメッセージ

EPSON EP-808AWを使用している。
ほぼ100%がコピー機としての利用である。

純正のインクは価格が高いこともあり、適当なインクをアマゾンで購入して使用しているが、特に問題になったことはない。

そんなプリンターではあるが、先日、次のようなメッセージが出た。
プリンター エラーメッセージ

ここで、格安に済ます方法は何かを少しだけ探ってみた。
①メーカーに依頼を出す。
②自分で交換をする。
③新しく購入する。

価格的には②が安い。
③の新品は魅力的だが、同等の性能のプリンターの価格を見ると意外と高い。
以上から、①を選択した。

①を選択したものの、心配事もあった。
それは、他社製インクを使用していること。
他社製インクを使用しているのことにより、何らかの修理が発生するかもしれない。
これも、結果的に杞憂に済み、廃インク吸収パッドの交換だけで済んだ。
そのため、価格は交換費用¥6,050-(税込み)。
内訳は、交換費用¥4,400-(税込み)+引き取り送料¥1,650-(税込み)。

期間は引き取り以来から現物が返ってくるまでで8日間。
3月15日 日曜日:引き取り依頼メール
3月17日 水曜日:引き取り
3月21日 月曜日:お届け日決定メール
3月22日 火曜日:プリンター戻り
対応は非常に速かった。

【結論】
廃インク吸収パッドの交換のメッセージが出たら、メーカーに依頼しよう。

マウスコンピューター DAIV 4Nのキー配置

マウスコンピューターのノートPC「DAIV 4N」を使い始めて約10日。
キーの配列で調子がいいところがあった。

DAIV 4N

カーソルキーの「上・下」は通常のキーの半分になっているので、少々押しづらい。
ミスタッチをしやすいのだが、上にあるのは「SHIFT」キー。
間違って押してしまっても問題がない。

それに比べて、仕事で使っている「ThinkBook S13」。
カーソルキーの「上・下」の上は、「\」キー。
日本語入力になっていると「¥」が出てくる。
ワードやエクセルを使っているときに「上」キーを押すつもりが「¥¥¥¥¥・・・」となることが時々ある。
これが鬱陶しかった。

ThinkBook S13

ちょっと困ったことは。「無変換」独立でなくなってしまったこと。
カタカナにしたいとき重宝していたのだが、「Fn」キーとの組み合わせになったみたい。

DAIV 4N

本格的なレビューは難しいと思うが、ちょっとずつ、いいところと悪いところが洗い出せれば次回の購入にも役立つだろう。

マウスコンピューター DAIV 4N-KK

最近、パソコンの起動が遅くなってきていた。
このままではいつ使えなくなるかわからないので新しくノートPCを購入することにした。
持ち歩きしやすいように小型であってあまり高くないものということで、マウスコンピューターのDAIV 4N-KKに決めた。
それが、2週間前。
そして、2月の最終日に手元に届いた。
現物を見て購入したわけではないので、今後期待外れなところも出てくると思う。

気が付いたことを残すことにする。

まず、最初にがっかりしたこと。
「天板に傷がついていた。」ということ。
小さいといえば小さい傷なのだけれども、これぐらいだと出荷検査で通ってしまうのだろうか。
今後使用していればもっと傷はつくだろうけれど、やっぱり最初からってのいうのはねぇ。
価格コム限定モデルだから?

DAIV 4N-KK

その段ボールには「本ケースは製品輸送用の鉾梱包材です。本ケースは、つぶれ、汚れ等による交換はできません。ご了承ください。」と書かれていた。

DAIV 4N-KK

だから、製品の箱は無傷。
でも、本体に傷があったのではあまり意味がないな。

DAIV 4N-KK

購入前に気になっていたことの一つに、電源ケーブルの大きさ。
サイトの写真ではアーズ付きのミッキーマウス型だったので少々邪魔になるサイズであることは覚悟していた。
実際のサイズはこんなもの。
スペック表にある本体の重さは1.09kgなので、合わせて1.5kg弱。
USBでの充電ができることを考えれば、特に気にする点ではないのかもしれない。
DAIV 4N-KK

DAIV 4N-KK

画面がどこまで開くかについても気になるっていたところ。
最近のノートPCは180度であったり、タッチパネル搭載のPCだと反対向きになったりしている。
だけれども、これは最後まで開いてもここまで。
DAIV 4N-KK

手元に届いてから、半日以上経過しているがまだ電源投入には至っていない。

プロフィール

春巻

Author:春巻
好きなこと。
写真を撮ること。
本を読むこと。
美味しいものを食べること。

人に迷惑をかけない範囲で、やりたいことやりたい。

テレワークのためにモニターを購入ました。
ノートPCの小さい画面で見ていた色々な方のブログが迫力あるものになりました。
参考にさせてもらいます。

プロフィールのアイコンはとても重要ですね。
今はまだ、迷走中です。

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム